注意すべき違法的な委託とは

起業して業務委託を受けるスタイルの仕事では、自分のキャリアプランに必要なスキルを自由に身につけることができます。
専門性を高めることで、より高い報酬の仕事を受けることが可能となります。
これは企業の側としても人件費の削減につながるメリットとなります。
専門性の高いニッチな業務を必要とする場合、そのために社内の人間を教育することはコストがかかり非効率となるからです。
つまり、業務委託を依頼する企業としては、普段手掛けることの無いような特殊なスキルを持つ人材を求めるということです。

ただし注意が必要なのは、そのような仕事は数が少ないので、様々なスキルを身につけてどんな依頼にも応えられるようにすることです。
さらに業務委託を受ける際には、その違法性に関しても知っておく必要があります。
そもそも雇用形態とは異なり、契約相手には期日までに求められる成果物を提出することが目的となります。
その仕事内容に関して指示を出されたり、あるいは客先に常駐して時間拘束されることは違法となります。
この場合には雇用契約を結ぶことになりますし、社会保険に加入することになります。
手続きが面倒ですが、業務委託の違法性の把握と回避法を予め知っておくほうがトラブルを避けられるため、きちんと行っておくことが大事です。

ただ、企業としては仕事の進行状況が分からないので不安に思うこともあります。
その点を考慮して作業することが大切です。
進行状況を報告するなどの配慮ができる人材を、企業は求めます。
そしてそのような人材が信用を得ることになります。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.