起業して業務委託を受けると生じる活躍場面

企業からの仕事をするという点は同じであっても、企業に雇われて仕事をしているのと独立して業務委託を受けているのとでは仕事の本質にも違いが生じます。
エンジニアが個人として起業した場合には企業との主従関係がなくなり、対等になって仕事をすることができるようになるのが基本です。
それが満たされない場合には違法とみなすことができる場合も多く、無理な指示を受けることもなければ、意見を出すことに躊躇する必要もなくなります。
この点が雇われている状況と起業した状況との大きな違いであり、業務委託を受けるようになることで新たに活躍の可能性が切り開かれるでしょう。

雇われている場合には基本的には上層部の指示に従わなければならない面があり、内部で不当な扱いを受けないように従っていく気持ちが強くなりがちです。
それが自分の意志で仕事をすることに制限をかけてしまうこともよくあります。
しかし、業務委託を受けている場合にはそういった抑圧がなくなるため、自由な発想をもって仕事をすることができるようになるのです。

その結果として斬新な可能性を生み出し、雇われの身では成し得なかった仕事をすることができる可能性が広がります。
起業したエンジニアに企業が依頼を出すことが多くなっているのは仕事の斬新さを求めていることも多くなっているほどであり、エンジニアが活躍するために必要とされる要素でもあります。
企業の期待に対して雇われている状況では成し得ないことができたときが活躍になるのです。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.