業務委託を受けて働くことのデメリット

IT系エンジニアは仕事を始める際には企業に就職して勤め人になるのが一般的ですが、その後に企業から独立して起業することもできます。
そのスキルを活用して個人でも仕事ができるからであり、個人事業主として起業する人も増えてきているのが現状です。
その際には企業から業務委託を受けて働くのが基本となり、雇用関係が結ばれていた状況とは違った形で仕事に従事していくことになります。

企業からの指示を受けるという点では似通っているものの、大きな違いとなるのが立場です。
対等な立場が保証されるのが業務委託であり、雇用関係があった場合には存在していた強制力が失われます。
そのため、仕事の上でも契約の上でも不当な扱いを受けることはなく、対等な立場が守られない行為は違法となるのです。

企業との雇用関係がなくなることによってそのような恩恵があるもののデメリットもあります。
雇用される立場ではなくなることから、仕事は依頼されていてもその依頼主となる企業からの福利厚生が得られないのが原則です。
各種手当や社会保険が失われることになり、自分でまかなっていかなければならなくなるのはデメリットとなるでしょう。

ただし、契約上で保証されている福利厚生があればその恩恵に預かることはできます。
業務委託を受ける契約の際には必要を感じる福利厚生があれば交渉してみるのも一策であり、その交渉が実れば独立して起業することのデメリットも少なくなるでしょう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.